【出演者プロフィール】

・置田弥生(ソプラノ)

大阪音楽大学声楽科卒業。
宮本佳代、野田しのぶ、林誠、蓼原道子の各氏に師事。卒業後、日本歌曲、オペラアリア・重唱などのコンサートに多数出演。
MExTオリジナル創作オペラ「シンデレラ」(王子)、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」(露の精)、オペラ「泥棒とオールドミス」(ミスピンカートン)に出演。
宗教曲では、ラッター「レクイエム」エルベルディン「マニフィカート」のソリストを務める。2012年イタリア・ミラノの「カーザ・ディ・ヴェルディ」(音楽家の憩いの家)の日伊交流コンサートに出演。アンサンブルグループcio-jo’sの一員として、イヴェントやコンサートに多数出演。また、合唱の指導者としても活動している。第2回奈良県高等学校独唱コンクール第一位。
関西歌劇団正団員。秋篠うたくらぶ、奈良県音楽芸術協会、MExT音楽実験劇場各会員。

 

・北垣美惠子(ソプラノ)

大阪音楽大学短期大学部音楽専攻卒業。
在学中は声楽とピアノを学ぶ。
声楽を里井宏次氏、ピアノを高岡八重子氏に師事。現在声楽を蓼原道子氏に師事。
オペレッタ「メリー・ウィドウ」(踊り子クロクロ)、「こうもり」、MExTオリジナルオペラ「シンデレラ」(侍女)に出演。
才能教育研究会ピアノ科指導者。神戸音楽家協会、関西YMA、MExT音楽実験劇場各会員。

 

・橋田晶子(ソプラノ)

京都女子大学文学部 国文学科卒業。
合唱団京都エコー、コール・アマービレ等における合唱活動の後、2003年より蓼原道子氏に師事。第5回長江杯音楽コンクール第3位、第14回アジアクラッシック音楽コンサート入選。2004年オペラ「不思議の(魔笛)」(ダーメ1)に出演。2012年2015年2016年にジョイントコンサートを開催。各種コンサートに出演する他、字幕操作、映像作成・操作の形でコンサート・リサイタル・オペラに携わる。YMA、関西YMA、MExT音楽実験劇場各会員。

 

 

・前田亜矢(ソプラノ)

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。
「カルメン」「椿姫」「ラ・ボエーム」「フィガロの結婚」「メリー・ウィドゥ」等に出演。「ヘンゼルとグレーテル」では眠りの精、「ラ・ディヴィーナ」では若い指揮者役を務める。各種コンサートに出演。田原祥一郎、蓼原道子各氏に師事。現在、新響楽器講師として歌の指導を行なっている。神戸音楽家協会、茨木市音楽芸術協会、MExT音楽実験劇場各会員。

 

 

・橋田波子(ピアノ)

大阪音楽大学卒業、同大学専攻科修了。
ドイツ・ハイデルベルク、ゾンダースハウゼン等世界各地の国際アカデミーに参加、ディプロマを得て修了コンサートに出演。和歌山音楽コンクール、ロゼピアノコンクール等で入賞。 1999年、2005年にNHK教育テレビ「趣味悠々・ピアノ講座」テキスト編曲担当。2001年、日本テレビ「AX MUSIC FACTORY」でレギュラーピアニストを務める。2002年デビューリサイタル開催。2003年、ブルガリアのソフィアフィルと共演。チェコ・スロバキア独立10周年記念演奏会出演。2004年にはドビュッシー弦楽四重奏団の来日公演の共演ピアニストを務めた。ロシア国立アカデミックオーケストラと共演の他、室内楽奏者としてハンガリー・にてコンサートを開催。2009年にイタリア・ミラノのカーザ・ディ・ヴェルディ、カンボジアのプノンペン及びクラチェ等、国内外で多くのコンサートを行う。吉田順子、八田惇、池田洋子、松村英臣、齋藤雅広の各氏に師事。MExT音楽実験劇場、日本ドイツリート教会会員、フレンドシップ活動会員。